鯖ニュース


by wb_opus_one

カテゴリ:ワイン( 13 )


 アンリ・ジャイエさん(フランスの元ワイン醸造家)が、AP通信などによると20日、前立腺がんのため仏ディジョンの病院で死去、84歳。
 ブルゴーニュのワイン農家出身。自然農法で栽培したブドウの果粒のみを新たるで長期熟成、濾過(ろか)せず直接瓶詰めする製法を70年代に確立した。ボーヌロマネ村を中心に、同村の伝説的ワイン、ロマネコンティにも対抗できる高級赤ワインを産出。「ブルゴーニュの神様」として世界のワイン愛好者に知られた。引退後は後進への助言を続けていた。


アンドレ・ザ・ジャイアントが亡くなった時ぐらいの衝撃だ。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2006-09-25 22:22 | ワイン

闇のソムリエ

必殺ソムリエ仕置き人「シオン~闇のソムリエ~」

ワイン・バーを経営している身として、ワイン関係の漫画は大体チェックしているつもりだったが、よもやこのような漫画が存在していようとは・・・。

ぃゃ、ワインはあんまり関係なさそうだけど。



参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2006-04-04 15:27 | ワイン

 赤ワインに含まれるポリフェノールに、血圧を下げる特別な効果はないという研究結果を西オーストラリア大などの研究班が米心臓協会誌「ハイパーテンション」に発表。
 ノンアルコール赤ワインと禁酒で血圧や心拍数が変わらないことや、赤ワインとビールはいずれも最高血圧や就寝時心拍数を上昇させることなどが判明。研究班は「酒の種類にかかわらず、アルコールは血圧を上昇させる。赤ワインのポリフェノールにこれを軽減する働きはないようだ」としている。


そんな事より、会誌の名前にドッキドキ。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2005-05-17 12:30 | ワイン

 まんじゅう、クッキー、ワイン…。東京都内の大学で、校名入りのさまざまな菓子や飲み物が販売されている。かつては文房具やTシャツが主流だった大学ブランド商品。最近は観光地の土産物店顔負けの品ぞろえで、修学旅行生らも購入、近所の主婦にも好評だ。
 新宿区の早稲田大生協の売店には、校名の入ったまんじゅう(10個入り1260円)のほか、チョコレート、クッキーなどがずらりと並ぶ。菓子業者に依頼して約10年前、まんじゅうを初めて製造。学生から「もっと種類を増やしてほしい」と要望があったため、品数を増やしてきた。


植草教授のサイン入り手鏡だったら、2ちゃんねらーに売れそう。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2005-01-06 04:25 | ワイン

 女優・小雪(27)の姉で歌手の弥生(29)が8日、東京・表参道のスパイラルホールで行われた豪州産ワイン「yellow tail」の日本解禁記念イベントにゲスト出演した。
 「Let’s go for a long walk」をしっとりと熱唱した弥生は「ワインは好きでよく飲みます。このワインはカジュアルな感じなので友達と集まった時に飲みたいですね」とにっこり。


■この「yellow tail」ってワイン、アメリカで人気沸騰のオーストラリアワインなんだけど、ラベルは可愛らしく「カンガルー」なのね。だけど、yellow tailって直訳すると「鰤(ぶり)」なんですよ。鰤。鰤って名前のワインは如何なものかと。ええ。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-09-09 11:17 | ワイン

 フランスの高級ワイン生産者が、遺伝子を組み換えたブドウ樹や酵母の使用に反対の声を上げている。
 この計画の中止を求めているのは、シャトー・ラトゥールやドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティといった最高級ワインを含む約400のワイン生産者の団体。
 「遺伝子組み換えブドウの使用はブドウの多様性を損なう。影響の程度は予見できないうえ、いったん始まれば取り返しがつかない」という。環境や健康への影響の懸念がぬぐい去られていない技術の導入で、ブランドイメージが落ちるという心配も強いようだ。


かと言って、高級ワインのバックラベルに「遺伝子組み換えブドウは使用しておりません」って書かれるのも困る。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-08-06 02:30 | ワイン

 11月18日に解禁される仏産新酒ワイン、ボージョレ・ヌーボーの予約受け付けが始まった。酒類各社は、舌の肥えた消費者を狙って地域限定の高級品を充実させるなど、過去最高だった昨年を上回る強気の販売計画を立てている。
 ただ、気になるのは天候。ブドウの作柄は8月ごろに決まるが、欧州では昨年の猛暑から一転、今年は長雨やひょう害などが伝えられるだけに、各社とも気をもみつつの受注競争となりそうだ。


駄目なヴィンテージなんかありません。良い年、かなり良い年、さらに良い年。もっと良い年。もっともっと良い年しかないんですよ。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-08-03 17:12 | ワイン

 ワインジャーナリストやフランスのボルドー大醸造学部助教授ら22人が3日間かけて審査し、8月6日に金、銀、銅などの賞を発表する。
 実行委によると、山梨県を中心に北海道や長野県の86のワイナリーが計405点を出品。欧州系品種や甲州ブドウを使ったワインがテーブルに並び、審査員は香りや色、バランスなどをテイスティングして回った。


いや、一応ワイン・バーのサイトだし。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-07-27 10:26 | ワイン

 アテネ五輪を前に、ギリシャワインの輸入が急増している。国税庁などの輸入通関統計によると、昨年はワイン輸入全体の0.1%しかなかったが、今年1~4月は前年同期の3.8倍。「ギリシャはヨーロッパワイン発祥の地」とPRするサントリーやサッポロビールは、前年比8~11倍を輸入、“五輪便乗商戦”に力を込める。


あ、いや。別に大した記事じゃないんだけど、一応、ウチはワイン・バーのサイトなので・・・。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-06-20 02:15 | ワイン

 100年以上のワインとPRしたところ、人気漫画「ソムリエ」の監修などで知られるワイン研究家の堀賢一さんが「同種のものが、ロンドンでは『10年もの』として売られている。私には同じワインにしか感じられなかった」と雑誌に書いた。
 輸入販売する「ミレジム」(東京都千代田区)はこのコラムで名誉を傷つけられたと02年に提訴した。この日の判決は、「上質の古いワインではあるが、生産者は熟成期間について50年前後と説明している」と述べ、「20世紀に醸造された」と認定した。


ミレジムさん100年、堀さん10年、生産者さんは50年。・・・結局、ホントは何年よ?

※ 先日も紹介しましたが、トラックバックでもう1度。


トラックバック

参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-05-25 01:59 | ワイン