鯖ニュース


by wb_opus_one

カテゴリ:格闘技( 39 )


2006年大晦日に行われた格闘技イベント「K-1 Dynamite!!」で、体にクリームを塗るなどの反則行為を行ったとして無期限出場停止処分を受けた秋山成勲選手をめぐる動きが止まらない。日清食品がスポンサーを降りたのに続いて、資生堂が同選手のCM起用を断念した。これは、ネット社会での評判を企業が無視できない時代にきたことを示したものだ。


そんな可哀想なことをせずに、ハンドクリームとかボディローションとかベビーパウダーとかぬるぬるした商品のCMに使ってあげればいいと思うよ。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2007-02-22 02:36 | 格闘技

 ボクシングWBC世界ライトフライ級王者ブライアン・ビロリア(25=米国)が、WBA同級王者・亀田興毅(19=協栄)との統一戦を熱望した。
 戦績は20戦19勝(12KO)無敗1無効試合で、愛称は「ハワイアン・パンチ」。ロサンゼルスのジムに拠点を置き、名トレーナーのフレディ・ローチ氏に師事するビロリアの元にも、亀田の王座奪取の情報はもたらされていた。


弱そうな名前だな。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2006-08-10 22:10 | 格闘技

勇次郎 VS 独歩


■御殿手(うどんで) VS 前羽の構え


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2006-07-31 03:26 | 格闘技

 日本相撲協会は16日、愛知県体育館で理事会を開き、大相撲名古屋場所7日目の15日に新聞社の男性カメラマン2人に暴行を加えた東前頭3枚目の露鵬(26)=本名ボラーゾフ・ソスラン・フェーリクソビッチ、ロシア出身、大嶽部屋=に16日の8日目から3日間の出場停止処分、師匠の大嶽親方(元関脇貴闘力)に10%の減俸3カ月の処分を下した。


糞ビッチだなんてあんまりだ。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2006-07-17 06:39 | 格闘技

 大相撲名古屋場所7日目(15日・愛知県体育館)──風呂場のガラスを割ろうが、ドアを壊そうが、その程度のことで負けたうっぷんが晴れるなら、それもいいだろう。だが、ルールの中で勝負する人が、土俵を降りた後、報道カメラマンに手を挙げたことは絶対に許されないことだ。


へっ、プロレスじゃ茶飯事だぜ。むしろ殴られた方が名誉ってもんだろ。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2006-07-16 17:36 | 格闘技

 プロボクシングで人気沸騰の亀田3兄弟の二男、亀田大毅(協栄)が5日、東京・後楽園ホールで8回戦に登場。女子高生らが多数駆け付ける中、ヨッピー・ベヌー(インドネシア)を5回27秒にTKOで下した。
 相手はインドネシアのフライ級元王者という肩書だが、ダウンした後に立ち上がり、戦意喪失で再び座り込むあっ気ない幕切れ。強い相手にぶつけるまで、亀田陣営は大事に育てたいようだ。


「蝶よ花よ」と大事に育てているのです。
  これは、偉大なるボクサー、モハメド・アリに倣い、
  「蝶のように舞、花のように刺す」と言いまし
(以下略)


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2006-06-06 21:38 | 格闘技

 武道家の遺言で「伝説の空手家」と秘伝書を探しに青森県を訪れたシンガポール人一行が、白神山地近くで迷子になった騒動で、武道家の妻らは14日、「私では」と名乗り出た同県平内町の中国拳法家、福田祥圓さん(61)と対面した。しかし妻は「条件が違う。(空手家は)福田さんではない」と断言。空手家探しの旅は、振り出しに戻った。一行は22日の帰国ぎりぎりまで探し続ける。

 武道家の妻チェ・チュウメイさん(50)ら一行は、福田さんが勤める青森中央学院大学国際交流センター(青森市)で福田さんと面会。武道家に贈られた「師範正位八段」の段位認定書と、秘伝書の中身を書き写したという冊子を受け取った。

 「他の弟子にも出していない大きい段位」と言う福田さんに、チェさんは「(夫の)友人と会えたことは旅の収穫」と感謝。しかし「夫から空手家には2人の娘がいると聞いたが、福田さんにはいないので違う」と述べた。

 来日したシンガポール人13人のうち2人は既に帰国したが、妻や長男ら11人は今も弘前市で空手家探しを続けている。


わかったよ。その秘伝書は民明書房刊だ。


参考記事

関連記事 関連記事
[PR]
by wb_opus_one | 2006-04-20 19:33 | 格闘技

 シンガポール人一行が「秘伝書」を持つ日本人空手家を捜して青森県内をさまよっていた件で、同県平内町の武道家・福田祥圓(しょうえん)さん(61)が「自分のことではないか」と名乗り出ていたことが12日、分かった。一行は父親の遺言で、わずかなキーワードを頼りに空手家を捜し回り、白神山地で遭難する騒ぎも起こしていた。福田さんは「北拳派中国空拳法道」の武道家で、かつて父親とみられるシンガポール人に教えたことがあるという。

 日本人空手家を捜すために来日したのはシュイ・テンリンさん(25)ら一族13人。テンリンさんの父親シュイ・ジエンシュイさんが「北海道ではない北の果てにいる日本人の空手家から秘伝書を譲り受けてくれ」との遺言を残したという。3人が白神山地で遭難、保護されるトラブルもあったが、現在も11人が青森県に滞在している。

 このニュースを知り「自分では」と名乗り出たのが福田さん。日刊スポーツの取材に福田さんは「確かに漢字で『許』と書いて『シュイ』と読むシンガポール人の武道家が30年前に修行に来た。私かもしれないので名乗り出た」と話した。知人から「福田先生のことではないか」と指摘され、9日に弘前市内でテンリンさんらと会談した。

 福田さんによると、「シュイ」さんは青森県内の山中の道場に2人連れでやってきて、通訳を介して3日間修行を行った。福田さんがシンガポールを訪れるなど、その後も親交があったという。

 会談では、夫人のジオン・チュウメイさん(50)やテンリンさんに、修行当時の様子を語って聞かせたという。「まじめでガンコで、心はあまり開かない、口より手が早い武道家だった」と話したところ、チュウメイさんらは納得した様子でうなずいていたという。

 一行が、空手家捜しのキーワードに挙げていたのは「ソーマ」「秘伝書」「人里離れた道場」「65歳」など。福田さんは空手家ではないが、青森県五戸町の山中に道場を持ち、年齢は61歳。気の流れの「波動」を自在に操るという空拳法道の極意が記された「秘伝書」も持っており、多くのキーワードが合致した。「ソーマ」についても「シュイさんに、ブラジルに渡った相馬さんという強い武術家の話をしたが、地名と勘違いしたのでは」と話した。一行は旧相馬村(現弘前市)を中心に捜していた。

 一行が「譲り受けたい」としていた秘伝書は、福田さんが中国福建省で修行した際に師範から授かったもので「譲ることはできない」という。代わりに「亡くなったシュイさんに空拳法道の認定書を贈りたいと申し出たところ、ご家族も快諾してくれた」といい、14日に青森市内で認定式を行う。


(゜д゜) ツッコミどころが多すぎて・・・。


参考記事

関連記事 関連記事
[PR]
by wb_opus_one | 2006-04-13 17:58 | 格闘技

 青森県西目屋村の白神山地近くで4日夜、シンガポールから来日した中国系武道家一族ら13人のうち男性3人が雪道に迷い、5日未明に県警弘前署に保護された。一行はシンガポールで道場を経営していた武道家の遺族らで「青森の山中で修行する空手の伝承者に会えとの遺言を受け、伝承者を探しているうちに道に迷った」と説明しているという。

 同署などによると、13人は5年前に病死した武道家の妻(50)と息子2人、近所の人10人。3月22日に来日し、4日朝から3人ずつ3班に分かれて伝承者を探していた。残る4人は寒さで体調を崩し、ホテルに残っていた。

 武道家の長男を含む第1班は登山道に向かって歩き続けたが、午後7時ごろになって仲間の携帯電話に「雪で進めない。道に迷った」と連絡。仲間が地元観光協会の通訳とともに弘前署に届け出て、約6時間後に救出された。3人は畑にあった廃車に入って寒さをしのぎ、けがはなかった。

 事情を聴いたところ、亡くなった武道家はシンガポールで空手などを教えていた。しかし、2人の息子は武道に興味がなく、道場にあった「空手の秘伝書」も弟子の一人に盗まれてしまった。後継ぎ問題に苦慮した武道家は死の間際、「青森県の相馬村に極真空手の伝承者がいる。彼に会い、秘伝書を譲り受けてほしい」と遺言したという。

 相馬村(合併で現在は弘前市)は一行が道に迷った西目屋村から東に約5キロの場所にある。
 極真空手県本部の池田治樹支部長は「旧相馬村に道場はない。空手家がいると聞いたこともない」と困惑しているが、13人のうち11人は当分の間青森に残り、武道家探しを続けたいという。地元観光協会も「全力で手助けしたい」と支援を申し出ている。


少年漫画の読み過ぎ。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2006-04-07 02:22 | 格闘技

 【新日本】AV男優を兼ねるチョコボール向井と永田の一騎打ちが18日の後楽園で行われることが決定。
 大会名は「デッド・オア・アライブ」だけに、チョコにとってはプロレスでも「セイシをかける戦い」となる。永田は「謙虚な姿勢に好感が持てた」と相手の対戦要求をすんなり受諾したが、試合では力の差を見せつけて叩きつぶすだけ。
 「気持ちがついてこなかったら、そこで終わり。目いっぱいぶち込む」。11日・名古屋のレスナー戦を終えたばかりの永田は、相手が誰であろうと戦いを変えない。


どう見ても精子です。本当にありがとうございました。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2005-12-15 08:47 | 格闘技