鯖ニュース


by wb_opus_one

「マフディ軍」解体せず サドル師派


 イラク中部のナジャフをめぐる和平合意を受けて対米強硬指導者ムクタダ・サドル師派は27日、アリ廟(びょう)とその周辺から武装解除のうえ撤退し、泥沼化した事態は収拾された。しかし、同師の側近は毎日新聞に対し、民兵「マフディ軍」を「解体しない」と明言、今後も戦闘態勢を維持する考えを示した。ナジャフ一帯の治安は一時的に安定するものの、いつ再びサドル師派がイラク暫定政府・米軍と対立を起こすか分からない状態だ。


■ハサウェイ 「やっちゃいけなかったんだよ!!」


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-08-29 02:16 | 鯖ニュース