鯖ニュース


by wb_opus_one

母乳で数十人命つなぐ 不法移民漂流2週間


 ドミニカ共和国から木製の小型船で米自治領プエルトリコに向かっていた不法移民が2週間漂流、食料や水が尽きて11日までに50人以上が死亡した。生存者は授乳期の女性の母乳を飲んでしのいだ。
 生存者によると、2人が応じたものの、拒絶した1人が海に投げ込まれて死亡した。別の生存者の話では、女性は何らかの原因で死亡後に投げ捨てられたという。8人に授乳した女性(19)は、生後半年の子どもを自宅に置いてきていた。別の女性は10人以上に授乳した後に死亡。死者の肉を食べたとの情報もあったが、複数の生存者は「死ぬ時は全員一緒と決めていた」と否定した。
 移民は10日、2週間ぶりに救助されたが、数人は重体。1人450ドルを払い乗船したが、エンジンの故障後、船長は「助けを呼んでくる」と他の移民船に乗り移ったまま戻ってこなかった。好天ならモナ海峡は1日で渡れる距離という。


こんな凄惨な状況を想定しての不法移民なのだろうか。想定していなかったとするなら、楽園を目前にして地獄。想定していたとするなら、それ以下の地獄に住んでいたって事になる・・・。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-08-13 13:26 | 鯖ニュース