鯖ニュース


by wb_opus_one

米ポップ界で13歳のジョジョがセンセーションに


 今月初めに、ファースト・シングル「Leave (Get Out)」がビルボードのシングルチャートでトップとなり、ヒップ・ホップとソウルのスパイスもきかせた「JoJo」は先月のリリースと同時にビルボードでも4位になった。
 ボストン郊外の労働階級の家庭で幼少時代を過ごしたジョジョは、ブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラに続くポップのプリンセスとも目されている。
 ジョジョはロイター通信に対し、「子供向けのポップをやっているわけじゃない。10代だけや、もっと幼い子供だけ、あるいはもっと年上の人たちだけを対象にしたものではない、皆のための本物の音楽なの」と語った。


ヤレヤレだぜ・・・。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-07-23 01:18 | 鯖ニュース