鯖ニュース


by wb_opus_one

<日本テレビ>サブリミナル的手法で厳重注意 民放連


 サブリミナル的手法が使われたのは「マネーの虎」で、オープニングから本編に切り替わる瞬間に1万円札の福沢諭吉の映像を挿入。同省によると、映像は30コマ中6コマ(0.2秒)だが、福沢の顔は同2コマ(0.067秒)だった。南俊行総務省地上放送課長は「結果として一般視聴者が十分視認できるものではなかったとの事実を確認した。運用に遺漏があった」と話した。また「踊る!さんま御殿!!」では短時間に光が点滅する通称「パカパカ」という手法が使われ、南課長は「サブリミナル的表現手法ではないが、放送基準のガイドラインに規定する20%の限度を超えていた」とした。


■ で、結局のところ、コレで誰に利害があるのか、という部分がつかめないのはワタクシだけですか?


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-03-13 03:40 | 鯖ニュース