鯖ニュース


by wb_opus_one

ボランティア:元暴走族の少年らが社会奉仕


 「迷惑をかけたお返しに社会奉仕をしたい」。愛知県佐織町の元暴走族の少年らがボランティアグループを結成し、17日、初仕事として自らが書いた町内の落書きを消して回った。周囲の人たちに諭されて改心、奉仕を思い立ったといい、猛暑の中、汗だくになって取り組んだ少年たちは「これからの自分たちを見てほしい」と話していた。
 グループ名は「アイパー」。「愛する田舎のパトロール」を略し、少年たちが自ら名付けた。今後の活動は未定だが、「役に立つことは何でもさせてもらう」と意気込んでいる。


今、ワタクシの心を笑いに包んでくれた事は立派な奉仕活動だよ。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-07-18 01:10 | 鯖ニュース