鯖ニュース


by wb_opus_one

まさに天才?!とんちで泥棒撃退―北京市


 北京市朝陽区のあるマンションは長年泥棒に悩まされてきた。問題はマンションを囲む壁が低いこと。南側の部分は高さがわずか1.5mしかなく、簡単に乗り越えられてしまう。住民の李(リー)さんによると、この低い壁の存在はおそらく北京中のこそ泥の間に知れ渡っており、毎日のようにマンションには泥棒が侵入していたという。李さんも自転車3台を盗られた。まさに「泥棒天国」状態だった。
 半月ほど前に、ある住民が、泥棒が壁の上を乗り越えて、物を持ち出している場面を目撃、マンションの管理部に対策を訴えた。とはいえ、壁を高くするような資金はマンションにはない。どうすればいいのか頭を悩ましていたところ、ある職員が名案を思いついたという。早速、ショベルカーを借りてきて、壁の前に幅2m、深さ3mの溝を掘った。これでわずか1.5mだった低い壁は、高さ4.5m相当にグレードアップ。以後、泥棒の被害はぱたっとなくなったという。天才的発想と住民は大絶賛だ。


低い壁は乗り越えて、泥棒してもいい。鍵が掛かっていないドアは開けて、泥棒してもいい。露出の多い女性は襲ってもいい。
  防犯対策自体は良い事だが、それ以前のモラルは問われないのだろうか。



参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2007-06-01 17:51 | 鯖ニュース