鯖ニュース


by wb_opus_one

青森空手家:認定書を授与 シンガポールの一行に


 武道家の遺言で「伝説の空手家」と秘伝書を探しに青森県を訪れたシンガポール人一行が、白神山地近くで迷子になった騒動で、武道家の妻らは14日、「私では」と名乗り出た同県平内町の中国拳法家、福田祥圓さん(61)と対面した。しかし妻は「条件が違う。(空手家は)福田さんではない」と断言。空手家探しの旅は、振り出しに戻った。一行は22日の帰国ぎりぎりまで探し続ける。

 武道家の妻チェ・チュウメイさん(50)ら一行は、福田さんが勤める青森中央学院大学国際交流センター(青森市)で福田さんと面会。武道家に贈られた「師範正位八段」の段位認定書と、秘伝書の中身を書き写したという冊子を受け取った。

 「他の弟子にも出していない大きい段位」と言う福田さんに、チェさんは「(夫の)友人と会えたことは旅の収穫」と感謝。しかし「夫から空手家には2人の娘がいると聞いたが、福田さんにはいないので違う」と述べた。

 来日したシンガポール人13人のうち2人は既に帰国したが、妻や長男ら11人は今も弘前市で空手家探しを続けている。


わかったよ。その秘伝書は民明書房刊だ。


参考記事

関連記事 関連記事
[PR]
by wb_opus_one | 2006-04-20 19:33 | 格闘技