鯖ニュース


by wb_opus_one

千葉の県立高入試で“難問” 受験生の半数0点 道案内の作文、選択肢に混乱


 二月に千葉県で実施された県立高入試で、「国語」に受験生の約半数がまったく得点できないという異例の設問があったことが二十日分かった。地図を見ながら、公民館までおじいさんを道案内する作文を書く、という出題だが、半数は「0点」。県教委は「新しい問題傾向で時間がかかったのかも」と推測するが、原因究明に乗り出した。
 設問は散歩の途中、おじいさんに出会ったとの想定で、公民館までの道を尋ねられ、急な上り坂のあるAの道か、平らなBの道を選び道案内を作文で書かせる内容。「自分が考えたことなどを的確に相手に伝えるため、適切な言葉で表現する」との出題方針だったが、県教委の集計では正答率はわずか14%。しかも約半数、46%が0点とまったく得点できなかった。


回答例

 1.「遠慮すんなよ、ジイさん。タクシー使いな」 と、千円渡す。
 2.問答無用で交番に引き渡す。
 3.オーウ、ワタシ、ニホンゴ、ワカリマセーンと宮崎吐夢の物真似。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-05-21 18:44 | 鯖ニュース