鯖ニュース


by wb_opus_one

盗まれた下着、番組スタッフが用意 テレ朝、放送中止


 テレビ朝日によると、不適切な収録があったのは9月中旬で、11月に放送予定のドキュメンタリー系番組の一場面。下着の盗難に悩む女性を取り上げ、女性宅のベランダから下着が盗まれる模様を収録、制作会社のスタッフが犯人を捕らえて警察に引き渡した。その際、女性が「自分の下着を干したくない」と訴えたため、スタッフが購入した下着を使ったという。
 これらの場面を撮影したビデオテープも、スタッフがコピーして警察に任意提出していた。テレビ朝日は警察に返還を求め、取り戻したという。テレビ朝日は放送の取りやめを決め、制作会社を厳重注意した。
 テレビ朝日広報部の話 スタッフが買った下着を使ったのは誤解を招く行為だった。テープは放送済みであっても外部に出してはいけない。重大に受けとめている。


会社的に厳重注意なのはわかるが、社会的に何の問題があるんだ?


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2005-10-13 22:02 | 鯖ニュース