鯖ニュース


by wb_opus_one

見舞いの男性に誤って点滴 福井の赤十字病院


 同病院によると、8月3日、看護師が男性患者の個室に入り、患者の名前を確認したところ、ベッドに寝ていた知人男性が「はい、お願いします」などと答えたため、信じて点滴を打ったという。当時、男性患者は病室にいなかった。
 点滴の直後に看護師が病室に戻ったところ、患者本人がいたためミスが判明し、すぐに点滴を止めた。健康に影響はなかった。
 看護師らは知人男性に謝罪。知人男性は女性と2人で男性患者の見舞いに来ていた。


点滴サービスはじめました。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2005-10-07 20:23 | 鯖ニュース