鯖ニュース


by wb_opus_one

ウイスキーに糖尿病合併症予防効果…サントリーが発表


 サントリーは、ウイスキーに含まれる成分に、糖尿病の合併症予防につながる効果があることを突き止め、5月の日本糖尿病学会で発表した。
 ウイスキーに含まれるポリフェノールの一種である「エラグ酸」に、網膜症など糖尿病の合併症を引き起こす酵素の働きを阻害する作用があると解明した。効果は、お茶や赤ワインよりも強力で、たるで熟成する期間が長いほど強まるという。


サントリーも必死だな。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2005-06-07 06:28 | 鯖ニュース