鯖ニュース


by wb_opus_one

ベルトなし恐怖体験を男性客証言「早く終われ…」


 男性客が転落死した東京・台場の娯楽施設「東京ジョイポリス」の遊具では、シートベルト未装着での運営が特別な注意も払われずに行われていたことが、利用者の証言で明らかになった。
 今月3日の日曜、妻(35)と子供2人でこの遊具を体験した男性(40)も未装着での搭乗を認められた一人だ。
 体格が大柄の男性は、死亡した坪内潤一さん(30)と同様、シートベルトが締められなかった。


遠回しな表現が、やけに切ないぜ。


 男性は両足を大きく開いて必死に踏ん張り、安全バーを握りしめる手が汗で滑るほどだった。心配になって横に座る子供の様子を何度も見た。気分が悪くなった人のために安全バーに非常ボタンが付いていることは説明されていたが、楽しんでいる他の客への迷惑を考えるとボタンは押せなかった。
 「早く終われ。これじゃ拷問だ!」。終了までの約3分がとても長く感じられた
という。


ぃゃ、そりゃ単にびびってただけじゃ・・・。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2005-04-21 02:52 | 鯖ニュース