鯖ニュース


by wb_opus_one

フェラでドッピュンした精液は誰のもの?


卑猥なタイトルですが、ご容赦を。・・・この事件は強烈です。


 医師のフィリップスは6年前、女医のアイアンズと口腔性交の関係を持った。それから2年後、とっくに別れたアイアンズから、自分の子供の父親であることを認めろ、と裁判を起こされた。何のことかわからないフィリップスは、DNA鑑定を要求。結果、子供の父親はまさにフィリップスであることが確認された。

 アイアンズは搾り取った精液を、女医の技術で保存しておき、人工授精で妊娠、出産したのだ。裁判の結果、フィリップスは毎月800ドル(約8万4000円)の養育費の支払いを命じられた。

 これに対し、フィリップスは逆に、精液を盗んでハメたとして、窃盗と詐欺で訴え、さらに狡猾に騙されたことで精神的ダメージを受け、不眠、食欲減退、悪夢などに悩まされえるようになったとして損害賠償を求める訴訟を起こしたのだ。

 2003年、裁判所はフィリップスの訴えを、訴訟に値しないと却下。
 フィリップスが控訴した結果、もし原告の体験が真実なら、被告は、策略的に性行為に及んだことになる。しかし、精液はいったん放出されたら「要求に応じて返却すべきものであるとの合意はなかった」として、窃盗と詐欺の訴えは却下した。


■ (゜Д゜;) ものすごく高度で低俗な戦いを見ている・・・!


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2005-03-01 00:32 | 鯖ニュース