鯖ニュース


by wb_opus_one

キャッチボール当たり男児死亡、親に6千万円賠償命令


 小学5年生の長男(当時10歳)が公園で突然死したのは、キャッチボールでそれた軟式球が胸付近に当たったためとして、宮城県柴田郡の両親がキャッチボールをしていた小学4年生の男児2人(ともに当時9歳)の両親を相手取り、計約6255万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、仙台地裁であった。


そこでプロ野球球団から、男児2人の青田買いですよ。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2005-02-21 22:11 | 鯖ニュース