鯖ニュース


by wb_opus_one

もてない雄はずっともてない?=北米の「クリスマス鳥」


 北米で「クリスマス鳥」と呼ばれる渡り鳥ハゴロモムシクイの雄は、雌にもてないと、交尾や子育てが遅れ、冬に備えて南へ渡る最中に羽根が抜け換わり、みすぼらしい姿になることが分かった。雄は尾羽などの黄色い部分の鮮やかさでセックスアピールするが、次の繁殖期ももてないことになる。カナダのクイーンズ大などの研究チームが24日付の米科学誌サイエンスに発表した。 


モテない奴がモテないことに僻みだすと、さらにモテなくなる。今更、サイエンスに発表するまでもない自然の理じゃないか。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-12-25 01:07 | 鯖ニュース