鯖ニュース


by wb_opus_one

シロクマと一緒に育ったという体重わずか39kgの天才柔道少年を取材しました。


 柔道着を着て、体重わずか39kgで大きな敵に立ち向かう小学生チャンピオン、高市賢悟君。
 賢悟君は「相手が大きかったら相手の動きが遅いから、自分が早く動いて技を先にかける」と話すなど、スピードを生かした抜群の運動神経を持つ。
 父親の敦広さんの影響で、4歳から柔道を始めた賢悟君だが、その2年後に思いもよらないめぐり合いがあった。
 動物園の飼育員をしている敦広さんが、シロクマの赤ちゃんの「ピース」を24時間付きっ切りの世話をするため、賢悟君はおよそ4カ月間、シロクマの赤ちゃんと生活をともにしたという。


クマから学んでないじゃないか。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-12-17 00:08 | 格闘技