鯖ニュース


by wb_opus_one

「感染隠せると思った」 鶏全部出荷ならと浅田社長


 京都府丹波町の鳥インフルエンザ感染で、家畜伝染病予防法(報告義務)違反容疑で逮捕された浅田農産社長浅田秀明容疑者(41)が京都府警の調べに対し「鶏をすべて出荷すれば鳥インフルエンザを隠せると思った」と供述していることが7日分かった。
 調べでは、浅田容疑者は共犯として逮捕された元役員森田正明容疑者(53)に指示し、2月25日と26日、鶏が大量死した鶏舎とは別の3号鶏舎の鶏約1万5000羽を食鳥加工会社などに出荷。さらに同社に「卵の価格が下がっているので、一時農場を空けようと思っている」と電話し、すべての鶏の受け入れを要請していた。


もうね、宿題を忘れた言い訳をする小学生のような彼にメロメロです。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-04-07 23:35 | 鯖ニュース