鯖ニュース


by wb_opus_one

神奈川・葉山町の工事現場でアスファルトを踏み固めるローラーに現場監督がひかれ死亡


6日午前3時半すぎ、葉山町の下水道工事現場で、路面復旧のためアスファルトを踏み固めるローラーが前進と後退を繰り返していたところ、後ろで工事の状況を見ていた現場監督の斉藤 勉さん(55)が下半身をひかれた。
斉藤さんは病院に運ばれたが、まもなく死亡した。
警察はローラーを運転していた工藤 喜代治容疑者(46)を業務上過失致死の現行犯で逮捕し、事故当時のくわしい状況を調べている。
工藤容疑者は「何かに乗り上げた感じがした」と話しているという。


「何か」じゃなくて、「現場監督」だ。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-04-07 00:48 | 鯖ニュース