鯖ニュース


by wb_opus_one

風俗店の摘発情報漏えい、神奈川県警の2警官らを起訴


 神奈川県警の巡査部長2人が風俗店の摘発情報を漏らしていた事件で、横浜地検は1日、県警本部生活経済課の古川俊一容疑者(44)=横浜市旭区=を加重収賄と地方公務員法違反(守秘義務違反)の罪で、大船署生活安全課の滝田晴之容疑者(44)=神奈川県横須賀市=を地方公務員法違反(同)罪で起訴。
 同監察官室は、このほか、王容疑者が経営する同県藤沢市のマッサージ店で無料でサービスを受けたとして、同署生活安全課の警部補(40)を減給10分の1(1か月)の懲戒処分に、同課の巡査長(35)を所属長訓戒の処分にした。
 2人は滝田容疑者に誘われて入店、滝田容疑者に「料金を支払った」と言われたため、料金を払わなかったという。


警部補と巡査長の言い訳が素晴らしすぎる。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-04-02 05:12 | 鯖ニュース