鯖ニュース


by wb_opus_one

内藤が初防衛=日本戦史上最短KO-ボクシングの日本フライ級タイトルマッチ


 プロボクシングの日本フライ級タイトルマッチ10回戦は11日、東京・後楽園ホールで行われ、王者の内藤大助(宮田)が、挑戦者で同級4位の小嶋武幸(横浜さくら)を1回24秒にKOで下し、初防衛に成功した。日本タイトル戦の全階級を通じて、1965年に藤猛が記録した1回45秒を更新する史上最短KOとなった。


アンディ・フグまで、あと五秒。


参考記事
[PR]
by wb_opus_one | 2004-10-12 09:05 | 格闘技